全国送料無料 | サイズ交換可

全国送料無料 | サイズ交換可

そのパンツにプリンシプルはあるか-A.P.C.編-

そのパンツにプリンシプルはあるか-A.P.C.編-

A.P.C.(アーペーセー)のトランクスレビュー

パリのケンゾーの倉庫係からキャリアをスタートさせたジャン・トゥイトゥが1987年に設立。ブランドネームは、Atelier de Production et de Creation(生産と創造の工房)に由来。フレンチカジュアルの代名詞的存在で、脱個性的でありながら、着る人の個性が引き出されるデザインが魅力のブランドです。当初は「服自体の良さに注目してほしい」という想いから、ブランド名が存在しなかったと言われています。 

そのパンツにプリンシプルはあるか-Young & Olsen編-

そのパンツにプリンシプルはあるか-Young & Olsen編-

Young & Olsen(ヤングアンドオルセン)のボクサーパンツレビュー

ヤング氏とオルセンさんという若い男女が切り盛りする、世界のどこかにある小さなショップ、というコンセプトのブランド Young & Olsen。フィルメランジェを立ち上げた尾崎 雄飛氏によって2015年にスタートしました。アメリカンヴィンテージをベースとし、ベーシックでありながら、機能性が高く、長く愛用したくなるアイテムを提案しています。

そのパンツにプリンシプルはあるか-CDLP編-

そのパンツにプリンシプルはあるか-CDLP編-

CDLPのトランクスレビュー

映画監督と広告代理店で働いていた2人が、2016年に立ち上げたブランド。一緒に旅行をしながら映画を撮っていたということもあり、ホテルでパンツ姿をみることも多かったという2人が、大きなロゴとクレイジーな色の下着で歩き回らなければいけないことに不満を持ち、スタート。スウェーデンの首相もCDLPを愛用。
そのパンツにプリンシプルはあるか-Entireworld編-

そのパンツにプリンシプルはあるか-Entireworld編-

Entireworld(エンタイアワールド)のニットトランクスレビュー

元バンド・オブ・アウトサイダースのスコット・スタンバーグが2018年4月2日にスタートしたブランド。本社はロサンゼルスですが、生産は日本と中国。ソックス、Tシャツ、シャツ、アンダーウェアなど、生活に必要不可欠なものを根底から見直し、それらが特別で素晴らしいものになるようにとデザインされた注目のブランドです。


そのパンツにプリンシプルはあるか-Brooks Brothers編-

そのパンツにプリンシプルはあるか-Brooks Brothers編-

Brooks Brothers(ブルックスブラザーズ)のトランクスレビュー

歴代のアメリカ大統領やハリウッドセレブなど、多くの著名人が愛したブルックスブラザーズ。「最高品質の商品だけをつくり、取り扱うこと。適正な利益のみを含んだ価格で販売し、その価値を理解できる顧客とのみ取引すること」という創業者のヘンリーが掲げた理念には痺れますね。THE・アメリカンクラシックです。

そのパンツにプリンシプルはあるか-Sunspelトランクス-

そのパンツにプリンシプルはあるか-Sunspelトランクス-

SUNSPEL(サンスペル)のトランクスレビュー

150年以上の歴史をもつ英国最古のアンダーウェアブランド。1930年代には、フルーツオブザルームのアンダーウェアの生産もしていました。また、「007/カジノ・ロワイヤル」主演のダニエル・クレイグのためにポロシャツとTシャツを製作し、映画の中で着用されたことでも注目を集めました。


世界の名作アンダーウェアが東京・五本木のtoffに集結

世界の名作アンダーウェアが東京・五本木のtoffに集結

ひさしぶりの更新です。理想のアンダーウェアを生み出すための研究室として数あるメンズインナーの中から個人的に気になる製品をリサーチしていたこのブログですが、なんとリアルの場でお披露目することになりました。その名も『Men’s Underwear Archive @toff_gohongi』東京・五本木にある高感度なセレクトショップtoffさんご協力のもと、BARAILLE & GARMENTSが所有する世界の様々な名作・新作アンダーウェアを展示いたします。

DEREK ROSE パッケージ

そのパンツにプリンシプルはあるか-Derek Rose編-

Derek Rose(デレク・ローズ)のトランクスレビュー

1926年に創業され、スマートコンフォートを追求するDerek Rose。Derek Roseを来たセレーナ・ゴメスがパリを歩いていた、なんて話もありましたが、昨今のパジャマブームでひときわ注目を浴びたので知っている方も多いかも。ロンドンでデザインされているだけあって、クラシックでありながらモダンな印象です。


HANRO ハンロ パッケージ

そのパンツにプリンシプルはあるか-HANRO編-

HANRO(ハンロ)のボクサーパンツレビュー

130年以上に渡り、アンダーウェアを作り続けており、シンプルなデザインと上質な素材が特徴。ちなみに、マリリンモンローのスカートがブワーっと風で舞い上がっているシーンがありますが、そのとき着ていたパンツはHANROです。

Schiesser パッケージ

そのパンツにプリンシプルはあるか-Schiesser編-

Schiesser(シーサー)のボクサーパンツレビュー

ドイツが誇る、ヨーロッパのアンダーウェアシェア18%を誇るナンバーワンブランドSchiesser。かつてテレビ東京で放送されていた人気番組「俺のダンディズム」でも紹介され、主人公の段田さんが購入したモデルです。


zimmerli 下着 パッケージ

そのパンツにプリンシプルはあるか-Zimmerli編-

zimmerli(ヅィメリー)のボクサーパンツレビュー

1871年創立のZimmerli。ブランドを語る上で欠かせないのがチャールズ皇太子やJ.F.ケネディなど、世界中のエグゼクティブ達が愛用していたという事実で、世界最高級の下着ブランドと言われています。ザ・専業ブランド。

そのパンツにプリンシプルはあるか-Tommy John編-

そのパンツにプリンシプルはあるか-Tommy John編-

Tommy Johnのボクサーパンツレビュー

ファニーなCMでも有名なニューヨークのメンズ下着ブランド。「No Adjustment Needed」をコピーとし、お尻に食い込まないことを押し出しています。すぐに乾く、蒸れない、臭いを抑える、といった機能性をアピールしていますがどうでしょう。



1 2 次 »

Men’s Underwear Archive @daikanyamatsutaya_art

9/12-9/30